2014年02月 のアーカイブ

2014年2月27日 6時08分39秒 (Thu)

できる人とできない人の違いは実にシンプル

 宇宙の法則の中で簡単な法則があります。

それは「できると思うことしかできない」です。

な〜んだ当たり前じゃんと思うでしょうね?

しかし、本当にあなたはこのことを理解してるでしょうか?

 
 あなたは自動車に乗れますか?

多分乗れない人は少ないと思います。

何故でしょうか?

実は、誰でも乗っているから(できると思うから)です。


 ところが、飛行機を運転できるでしょうか?

飛行機は難しいと思っているでしょう?

それはお金がかかるし、誰でも乗っているわけではないからですね。


 ですから、当然、自動車の免許は取れるが、

飛行機は難しくて取れないと思っています。

ところが反対に自動車がなく、皆が飛行機を乗っていたら

どうでしょうか?

 戦時中の神風特攻隊は、ほぼ全員が十代です。

乗れるどころか、爆撃機を搭載して、特攻までするわけです。

 こんなこと、今の世の中では考えられないでしょうね。

考えられない一番の理由は、皆がそうしないからです。


 群集意識というのは恐ろしいもので、それを当たり前にする力があります。

戦時中の人たちは国という宗教にマインドコントロールされてたわけです。


 しかし、これを上手く現代にアレンジして利用する方法が

「出来る→皆やっている→簡単だ→やってみよう」

「人がやってきたことが自分に出来ないわけがない」

という発想を定着させることです。


 事業も同じで、失敗する人が多いと思い込んでいます。

ですから自分には難しいと思う気持ちが、失敗を招いています。


「やらなければいけない→出来る→皆やっている→簡単だ→やってみよう」

と自分自身で自分をコントロールできるように努力することです。

これは最初のうちは簡単ではないです。

現実を受け止めずに、思考を信じることは簡単ではないのです。

それは現実を受け止めて暮らしたほうが楽だからです。

ですが、そのうちコツをつかめば出来るようになってきます。

本当のコツは、とにかく続けることです。


 興味のある方は実行あるのみです。

さあ、やってみよう。あなたはできる人です。

自分自身で出来ないなんて決め付けないでください。

生まれてから今まで、決めているのは、いつもあなただけです。

あなた以外、誰もあなたのことを決めきらないからです。。。

さあ、一緒に一歩踏み出してみましょう。

夢はあきらめません。あきらめているのはいつも自分。

やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。

 


 


2014年2月15日 8時31分59秒 (Sat)

統合する(怒りの感情編)2

 この怒りの感情を中和するにはどうしたらいいのでしょう

それはよい面と悪い面、両面をクリアにし、側面だけで見ないで、

統合していくということです。

 最初に(怒りの統合の方法)そして、(説明)を加えます


(怒りの統合の方法)

1)対象者を決める(怒りの感情がわく人)

2)どんなとこに怒りの感情が出るのか具体的に書き出す。

3)その感情の側面が必ず自分にもありますので、その感情を

  探し、出来るだけ多く書き出す。

4)2)の感情で、自分自身に利益になることを出来るだけ多く書き出す。

5)2)の感情の全く逆のことを1)の人がした場合どんな不利益

  なことがあるか書き出す。

6)自分の中に隠れた感情は何かをつきとめる。


(説明)

2)で、見下した態度 とした場合を例にとってみましょう


3)自分にはどんな側面があるかでは。。

  自分には、それに似た感情があるか自分に問う。

  先入観で相手に接していないか?

  決め付けた態度を取っていないか?

  人に対して、嫉妬心はないか?

  悪気はないが、嫌味なことを言う癖がないか?

  などを自問、思いついたことを書き出す。


  これは1.のその人のみではなく、あなたからの人間関係すべて

  を対象とする。


4)の見下しの利益では。。

  見下してくれているおかげで、プレッシャーがなく、気楽である。

  見下してくれているおかげで、見返そうという気持ちが芽生える

  見下してくれているおかげで、相対的に自分が良い人でいられる。


5)の逆の感情の不利益では。。

  反対に期待をかけてくるので、プレッシャーが強く疲れる。

  反対に頼られるために、自分の自由な時間が少なくなる。

  反対に褒められるが、手なずけられているようで、良い感情がしない。


6)の隠れた感情では。。

  怒りの感情=隠れた感情がわかる 

(例)
  愚痴をきく=自分自身に不満がある状態を教えている

  悪口をきく=自分自身が好きに成れていないことを教えている

  自慢話をきく=自分自身に明確な目標がないことを教えている

  ネガティブ=執着しすぎることがあることを教えている

  先入観=心が不安定になっていることを教えている

  見下す=自分の心に余裕がないことを教えている

  決め付け=決断に迷っているか、本当の自分を生きていないと教えている

 
 ※この方法は、とにかくやってみないと解りません。

 怒りの感情をもてあましている人は、実行してみてください。

 これはどんなものにも使えます。

 慣れない間は、なかなか感情が出ずに、もどかしいもしれませんが、

 慣れてくれば、短時間で出来るようになってくるでしょう。


 そうして、やがて、自分の怒りの感情を中和することが、

 カウンセラーをやとわなくても、いとも簡単に

 出来るようになってくるでしょう。

 そうなってくれば、あなたはもっともっと、軽く、生き易くなります。

 そして、心の底からハッピーな人になっていけるでしょう。  

  
  

2014年2月15日 5時30分08秒 (Sat)

統合する(怒りの感情編)

 感情とは大まかに分けますと、喜怒哀楽となります。

その中でも、一番厄介ですが、効果が出やすい

感情、怒りの感情を取り扱いたいと思います。


 普段他人に怒りの感情が出ますと、あの人が悪い、自分が正しい

とやります。

それはそれでいいのですが、その行動を続けますと

進歩はしないのです。

つまり、自己の向上に繋がりません。

自己の向上=楽しみ=幸せ と考えますゆえ

それは非常に勿体無いことです。

 では、自分が悪いと思えばいいんですか?

それも少し違います。


 そもそも良いも悪いもないんです。

ニュートラルに捉えることです。


 まず、怒りの感情が出る場合、出しているのは本人です。

相手が出したと思っていますが、

相手はきっかけを作ったに過ぎません。

手品じゃないんですから無いものは出ません。

つまり自分の中に怒りの感情があるということです。

ここまではいいですね。


 その怒りの感情が出た時点で普通の人は解消しません。

そうすれば当然ストレスがたまっていきます。

ストレス解消だと言って、酒飲んだり、カラオケ行ったり

趣味に没頭しても、所詮代替法では一時しのぎで、

根本原因を解消しない限り、また、同じようなことで、

きっかけがあれば、怒りの感情が出ます。


 人はその繰り返しを気が遠くなるほど、

数え切れないほどくり返しています。

逆に私が悪いと自己卑下する人は、私の頑張りが足りないからと

頑張りすぎて、頑張れない状態にまでもっていき、人は鬱になります。

その期間が長い人を鬱と呼んでいますが、実は鬱にならない

人はいないのです。その欝の状態が長いか短いかだけです。

すみません。

ちょっと長くなりましたので次回に続きます。


2014年2月15日 4時55分05秒 (Sat)

羽生選手オメデトウ(^▽^)

 
 オハヨウございます。見てました。

ソチ五輪オリンピック2014

日本男子史上初の快挙! 羽生選手オメデトウ(^▽^)

メダル決定後のインタビューで

「金メダルを取ってこんなこと言うのはなんなんですが、

内容は納得できないので悔しいです。嬉しくない」

というコメント、さすが、世界の頂点になるやつは言うことが違うw


 結果にこだわるのではなく、あくまでも、自分を信じて

自分の気持ちを大切に、結果に流されることなく

一番嬉しいはずの金メダルを頂いても、正直に悔しがる。

そして。。嬉しくないとまで
(本当は嬉しいはずなのだがw)

 本質的には謙虚でありながら、あくなきスペシャリストを目指し

続けるプライドの高さを窺い知る。

2014年2月14日 17時44分50秒 (Fri)

統合すること

 本日は統合についてお話します。

これからは統合の時代ですとか、

統合に向かっていますとか、

統合しましょう。

分離感をなくしましょうと

耳にしたことあるかもしれませんが、

そもそも統合て何でしょか?


 今回は、自分自身を統合させる簡単な誰でも出来る方法を

このブログを見ている方に限り、特別に伝えたいと思います。


 私が伝える統合は、自分自身にある感情を、

バランスを整えることにより統合することです。

 自分の感情を統合していきますと、自然と落ち着きが身につき、今まで

起こっていた負の感情が極端に少なくなってきます。

そして気づくでしょう。何でこの人はこんなにも怒っているの?

と不思議でしょうがなくなるかもしれません。

それは、今迄のあなたではなくなったから起こる現象で

相手によってはあまりの変わりように、嫉妬されるかもしれません。


※そのような弊害がありますので、それが嫌な方はこれ以上

このブログは読まないでください。(断っておきます)


 しかも、この効果は一夜付けにもかかわらず、

そこらへんの下手なセミナー行くよりもずっと長続きしますw

 また、続ければ続けるだけ効果を発揮します。


 人にもよりますが、2〜3回行うだけで悟りを啓いたような感覚に

なる人もいるぐらいですww


では本題に入っていきましょう。

 
感情というのはあなたにはなくてはならないもので、

あなたの周りを常について回ります。

 その感情を上手くコントロールできるようにするのが、

この統合という技です。


 感情を統合するためには、まず、自分を知らなければなりません。

しかし、自分のことを解っているようで解っていないのが自分です。

そのことに気づいていないのも自分です。


 では、手っ取り早く、自分を知るにはどうすればいいのでしょうか?

瞑想でも内観法でもありません。

今回は、他人に教えてもらう方法を使用します。

つまり鏡の法則を利用するわけです。

「鏡の法則=自分の感情と目の前で起きている現実が一致する」

この世にもしも鏡というものが存在しないとしたらあなたは

自分の顔を知ることが出来ません。

しかし、他人ならあなたを見ることで、確認できるんです。


 人の感情というのは必ずどんな形でさえ、人と繋がっています。

何故なら一つだからです。一個の多面体だからです。

これは最初から理解出来なくてもいいんです。

このメソッドをしていくうちに自然と解ってきます。


 実は、人に抱く感情を利用して自分を知ることが一番簡単なんです。

これには、最初は戸惑い、受け入れがたい方が多いのも事実です。

何故なら、今まで生きてきた中で、正反対の感情を受け入れなければ

ならないからです。


 でも大丈夫、慣れてくれば実に簡単です。こんなに簡単でいいの?

と思えるぐらいまでなるでしょう。

私が簡単に体系化しています。

 
 そうなればあなたは

瞬間的にあなたの次元をシフトさせていきます。

次回はその方法を具体的に伝えたいと思います。
 


プロフィール

プロフィール画像
資格等
・レイキヒーラー
・カルナレイキヒーラー
・一級整体師
・5次元ヒーラー インストラクター
・動体療法
・カイロ
・神通力
・気功
・美顔セラピスト
・その他独自の整体法
・DVD・研修等300以上
こんなお悩みをお持ちの方にご来院頂いています。
肩こり、腰痛、頭痛、膝痛、股関節痛、首痛、冷え性、内臓疾患、手足のしびれ、座骨神経痛、四十肩・五十肩、ぎっくり腰、寝違え、生理痛、顎関節症、自律神経障害、めまい、吐き気、ムチウチ、ヘルニア、側湾症、便秘、産後の骨盤矯正、姿勢改善、スポーツ能力アップ、ダイエット、美顔矯正、呼吸改善拡大、血流改善、…などなど、ここに掲載されていない悩みもご相談下さい
得意な手技
・20秒で体の重心を整える
・5秒で足の長さを整える
・触れないで骨盤の位置を整える
・内臓へのアプローチができる
・触れるだけで痛みをとれる
・その場で骨盤を小さくできる
・その場でウエストダウン
・その場で頭・顔を小さくする

ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728
QRコード
携帯用QRコード